【突撃月間:武蔵村山編①】武蔵村山で最初に食べるのは・・・そりゃうどんやで!

4月は出会いの季節!
3月は最後に切ないお別れがありました・・・正直まだショックが抜けてません。
ですが、これからまた新しい何かに出会えると信じてます!

舞台は青梅街道沿い、武蔵村山市役所の通りにある御嶽社の近くのこちら。
IMG_6851.JPG

お店の名前は「はらだ製麺」さんです。
うどんという題材といい、この外観といい・・・武蔵村山のスタートにピッタリですわ。
さ~て、この年季の入ってそうなお店は一体どんなうどんがあるんでしょうか。
早速突撃してメニュー確認といきませう。
IMG_6852.JPG
IMG_6853.JPG

おや、煮込み系もあるんですね。
最初はいかにも武蔵野うどんかと思いきや、裏面には煮込みうどんと出てきました。
武蔵野うどんを幾つか見てきましたが、煮込みというのは初めて見た気がします。

ただ、写真を見る限煮込みというよりは普通のうどんの様にも見える・・・。
ここはどれを選ぶべきか・・・少し悩んだところで出した結論がこちら。
「ピリ辛(並)」・・・\770
「なす」・・・\60
ちょっとだけ外しにかかってみた!
今迄普通やかてうどんは食べてましたが、そういえばこういう変化形はあまり経験がありません。
なればちょっち変化球を攻めてみましょう。
後は、折角なのでなすの天ぷらも追加で。
さあ、ファースト武蔵野うどんはどんなものでしょうか。
それがこちら。
IMG_6854.JPG

見た目は・・・結構具材多めかな?
パッと見ピリ辛というイメージはありませんが、中の具材がねぎ・いんげん・人参・大根・豚肉がぎっしり。
これはこれで期待大でございます。
さてさて、実際お味の方はどうでございましょうか。
早速・・・頂きます!
IMG_6855.JPG

・・・ん・・・これは・・・さっぱり?

うどんはかなり柔らか目ですが、味はしっかりしていて小麦の風味が強く感じられます。
対してつけ汁はというと・・・まずはじめに旨い。
濃厚なつけ汁にラー油っぽいものが絡み、中々のパンチ力。
野菜も見た目通りのぎっしりでボリューム満点。
ただ、醤油ともラー油とも取れない、何ともな爽快感が口の中を過ぎ去ります。

これはまた何とも・・・独特というか。
続いてなす天はというと・・・
IMG_6856.JPG

外はサクっと、中は・・・冷やっと!?
うん、何だこの矛盾感。
齧った瞬間は衣がパリッとしてたんですよ、本当に。
ただね、噛むとね、野菜自体は結構冷たいんですよ。

ここまで冷たければ衣もねえ・・・と思いきやそうでも無い。
でも最終的には美味いからこの気持ち、どうしてくれよう・・・。

とまあ全体的には美味しかったのですが、何かしらの一癖がありました。
うどんも美味しく、野菜もたっぷりとで個人的には好きですがこの一癖が気になる・・・。
逆にここまで来ると今後も気になるうどん屋でございます。

この記事へのコメント