【ポジション取りが命】日野の立ち食い蕎麦屋で食べるのに緊張が走る理由

食べる位置、マジ重要!
一部の飯屋は席によってたまに当たり外れがあったりする事ってありますよね。
当ブログでもクーラーが直当たりというのが過去にありましたが、今回はどんな理由なのか・・・それはこの後すぐ!

舞台は日野駅から徒歩30秒しない場所にあるこちら。
IMG_7484.JPG

お店の名前は「日野屋」さんです。
日野の店だから日野屋、ドストレート!
だが、こういうのは好きですよ。
一見して普通の立ち食い蕎麦屋ですが、3分後には緊張が走る!
まずはその前にメニュー確認といきましょう。
IMG_7486.JPG

内容はオーソドックス!
温そば冷そばにカレーにメジャートッピングと内容は安心安定の内容。
気になるとしたらひの屋めしですが、今回はそこまでがっつりという気分ではないので省略。
となると・・・頼むのはやはりこちら。
「天ぷらそば」・・・\390
やっぱこれだね!
初見の蕎麦屋で中身を図るにはやはりこれが一番。
特に天ぷらは店の特徴がよく出ますから。
さてさて、どんなお蕎麦が出てくるのでしょうか。
それがこちら。
IMG_7487.JPG

完全に安定!
かき揚げは綺麗に整っていますし、そばはちょっと細め。
つゆは関西風かなという位、透き通っています。

さて、お味の方はどんなもんでしょう。
それでは・・・蕎麦から頂きます!
IMG_7488.JPG

おほっ、ナイス食感!
細めの蕎麦にはちょっとしたコシがあり、喉越しもナイス。
つゆもあっさり系でとても食べやすい系です。

続いて、かき揚げはというと・・・
IMG_7489.JPG

あ・・・多分これ自家製じゃない。
この整いきった形とすこしもふりとした食感、多分お店での手作りではなさそう。
これについては完全に安定を狙ってますね。

さて、ここまでは「普通に食べてるじゃないか」と思いますが、実はかなり緊張しながら食べているんですよ。
その理由がこちら。
IMG_7491.JPG

目の前に茹で釜!
このポジション、目の前に茹で釜があるのであまり派手には啜れません。
だってねぇ・・・それで汁を飛ばしたら茹で釜に入っちゃうでしょ・・・。
蕎麦を茹でてる最中にやらかしたら不快一直線じゃないですか。

そう考えると・・・かなり控えめに今回は食べてました・・・。

とまあ、まさかの茹で釜前で食事という緊張体験でした。
食べに行く時はポジションに気をつけなはれ!
ただし蕎麦自体は割と気に入りましたので、家の近くに欲しいかも。

この記事へのコメント