【見た目と裏腹に】小川のラーメン屋で真っ赤なラーメンを頼んでみたら・・・

あれ、どうにもこの所ギャップ系が多い気が・・・?
いい意味でも悪い意味でもギャップを感じるようなご飯並びにご飯屋をよく見ている気がする・・・。
そしてここもまたその系統でして・・・

舞台は小川駅から徒歩2,3分程度の場所にあるこちら。
IMG_9105.JPG

お店の名前は「中華そば紅」さんです。
え~っと・・・X JAPANかな?
店名を見た瞬間にシャウトするToshiさんが脳裏に浮かんでしまいます。
この時点でちょっと気になっちゃったので、ふらっと突撃してみましょう。
さて、どんなものがあるのか確認してみると・・・
IMG_9107.JPG

左上がめっちゃ赤いんですけど!
どこからどう見てもやらかした系にしか見えない真っ赤なラーメンがありますよ。
これが紅・・・そりゃ紅と言えますわ。
ただ気になるのが、「見た目の割にそこまで辛くない」と券売機に書かれてあるんですよ。
勿論、普通のラーメンもありますが、それに比べても辛くないと言えるのか?
ならば試してみるしか無い!
という事で注文したのがこちら。
「紅」・・・\950
KURENAIダアアァァァァァ!!
私もついついシャウトしてしまいました。
というか、店内のBGMも紅ですし、すっごい徹底したコンセプトの店やんけ。
こいつは見事に名は体を表すというか名そのまんまですわ。
あ、そういえば「中華そば」って店名に入ってるのにそれっぽいのは無かったやんけ!突っ込むの遅くなった!!
そんな突っ込み処満載なお店の紅ラーメンがこちら。
IMG_9108.JPG

あ、これは・・・そういう事か?
確かに真っ赤ですが、どうやらその正体は唐辛子パウダーの模様。
それが一面綺麗に染まるようにかかってます。

そして、その唐辛子パウダーも結構鮮やかな赤色。
私の統計上は鮮やかな赤ほど左程辛くない模様。
ですが、もしかしたらというのもありますし、スープにもしっかり溶けているかもしれません。
正体を確かめる為・・・早速スープから頂きます!
IMG_9109.JPG

確かに・・・辛くない!
どうやら辛みは唐辛子パウダーのみで、スープはコクうま強めの豚骨スープです。
いや、唐辛子というほどの辛さでもないですし・・・わからん。
しかもこのスープ、京都系のちょっちとろみのある濃厚系スープです。

まさか京都系のスープとは想定外。
続いて麺はというと・・・
IMG_9110.JPG

歯応えがいいじゃない!
ちょい細めのストレート麺でこれまた京都風に忠実。
しかもちょっと歯ごたえが強めで麺の味もしっかりと感じられます。

全体的には、ほんのちょっぴりインパクトのある京風豚骨ラーメンですね。

しかしまあ、本当に見た目ほど辛くないというか、全く持って辛くは無かったですね。
それでもしっかりコクありパンチありの良いラーメンでした。
にしても・・・結局あの赤いパウダーは何だったのか・・・気になる。

この記事へのコメント