【突撃月間:あきる野編①】武蔵五日市の駅近なのにひっそりとしたうどん屋さんで新しい扉を開いた

函館終わったら次は突撃月間だ!
正に師走にふさわしい、ばたばたしたこの12月。
冬に行くには割とハードな気もしますが・・・それでも行ったるでぇ!

舞台は武蔵五日市駅から徒歩3,4分程度の場所にあるこちら。
IMG_9628.JPG

お店の名前は「初後亭」さんです。
何とも和風かつちょっと穴場っぽそうな雰囲気ですね。
こんなお店が駅からガード下って言ったらいいんですかね・・・線路沿いの近くにあるお店です。
たまたま見つけたのですが、こういう雰囲気のお店は好きなんで早速突撃しちゃいましょう。
さて、どないなメニューがあるのかというと・・・
IMG_9629.JPG

やだ、久しぶりのずりだしうどん!
お隣の日の出町で見つけて以来のずりだしうどんがあるじゃあいですか。
もしかして、この辺の地域の名物なんでしょうか。
これはこの季節、温まりますわ。
これもいいですし、あんかけうどんなんてのも良い気がします。
そんな目移りする中から注文したのがこちら。
「季節野菜のぶっかけうどんとろろのせ」・・・\870
俺は何を血迷っているんだ?
ぶっちゃけてとろろという大好物ワードに惹かれてそのまま注文しちゃいました。
しかし注文後に一呼吸置くと、注文したのは冷たいおうどん。
この冬の山近くでこれは・・・これはすかしとかではなく純粋にやらかし。
後悔もしつつ、出てきたのがこちら。
IMG_9630.JPG

おっと、普通に美味しそうじゃないか。
茹で野菜がたっぷり乗った、いかにもコシのありそうなうどんですね。
しかも武蔵野うどん系とも微妙に違う感じがします。
それに柚子胡椒が付いてくるというのがちょっち珍しいかも。

とろろが少ないのがちょっとだけ寂しいですが、果たしてお味はどないなもんでしょうか。
まずは、うどんのみから頂きます!
IMG_9631.JPG

あ、これ美味いわ。
しっかりとしたコシがありつつも、ある程度の歯切れもあってとてもバランスがいいおうどん。
更に小麦の風味も噛めば噛むほど口の中に広がっていきます。
お汁も濃すぎず薄すぎず、しっかりとうどんの美味しさを引き出してくれます。

続いて、とろろと柚子胡椒を合わせてみると・・・
IMG_9633.JPG

え・・・新発見。
とろろはちょっと柔らか目でしっとり系ですが、それはそれで良し。
ですが、この柚子胡椒と合わせると急に味が引き締まるのと後の風味が爽やかさをより増してくれます。
しかもとろろにも合うし、他の野菜と合わせても美味いですし、何よりうどんに合います。

今迄はおろし生姜が一番好きでしたが、これはちょっと概念ごと変わるかも。

いやはや・・・これは本当に驚いたという言葉しか出ません。
そもそも全体的に美味しかったのですが、柚子胡椒は正に青天の霹靂。
これはもっと流行ってもいいんじゃないかと思うレベルですわ。

この記事へのコメント