【和伊融合】稲城長沼のイタリアンが想定外の融合を成していた件

これは・・・魔改造案件か?
世界各地で和食が現地に合うようにカスタマイズされる中、逆もしかり。
・・・が、これはどういう扱いにすればよいのか未だに混乱中のものがあります。

舞台は稲城長沼駅から徒歩6,7分程度、青渭通りの中ほどにあるこちら。
IMG_1439.JPG

お店の名前は「ダイニングキッチンエルツ」さんです。
昨日に引き続き、ちょっとオシャンティそうなお店に行ってみました。
かなり目立たない場所にひっそりとしたこのお店、何だか隠れ家っぽくて雰囲気いいですね。
そんなお店のお昼に突撃してみると・・・
IMG_1440.JPG
IMG_1441.JPG

何か組み合わせが凄いんですけど!
最初に目に入ったのが、まさかの蕎麦!
こんな隠れ家な蕎麦屋があるんかい!と思ってると・・・更に驚愕の内容が。
蕎麦とイタリアンをかけ合わせるって・・・斜め上どころか直角レベルのネタ!

蕎麦粉をかけ合わせたパスタやピッツァを出し、勿論蕎麦の提供もあり。
今迄見た事の無い組み合わせに、俄然興味が湧いてきました。
そんな中で注文したのがこちら。
「自家製ボロネーゼ」・・・\1100
イタリアン濃いめでいってみよー!
がっつり和の方に行くか迷いましたが、パスタ自体の味も確認してみたいので、ボロネーゼを選択。
まずはパスタのみを食し、その後にミートソースとがっつり混ぜてどうなるかを楽しんでみる算段です。
さてさて、どないなものが出てくるんでしょうか。
それがこちら。
IMG_1442.JPG

目論み、破たん。
パスタもしっかりトマトソースが絡まった上で、たっぷりのミートソースが乗ったトマト尽くしな品。
イタリアンな上にオシャンティ感も半端なですが、ちょっと思ってたのとは違いました。

まあ、まずは実食してみましょう。
とりあえず・・・極力ミートソースを避けた上でパスタを頂きます!
IMG_1443.JPG

おお・・・不思議な味やな。
食感は柔らか目のもっちりですが、表面が少し凸凹っとしている感じ。
最初はただただ普通のパスタかと思いきや、後味が徐々に蕎麦の風味が出てきます。

トマトとの相性も悪くない・・・というか初めてすぎてちょっと混乱中。
続けて、ミートソースと合わせてみると・・・
IMG_1444.JPG

かなりチーズ強っ!!
見た目と裏腹にかなりチーズが混ぜ込まれており、かなり濃いめのお味。
チーズの濃さとまろやかさでかなり濃いながらも食べやすい感じのミートソースですね。

ただ・・・個人的にはまろやか過ぎるのでタバスコを投入したいですが・・・。
トマトとチーズの後に来る蕎麦の風味・・・美味いのは分かるが、まだ頭の中は混乱中。
これは・・・ある意味筆舌に尽くしがたいかも。

ある意味、とんでもないものと遭遇しましたね。
あまりにも新し過ぎて、あまりまとまりのない記事になってしまった事を反省。
・・・が、こういう面白いものを見つけられたのもまた一興です。

この記事へのコメント

  • トホバク

    ここは去年頭くらいまで普通に蕎麦屋やってたんですが
    代替わり(?)でそば×イタリアンのお店になりました。
    私が行った際は、普通のそば注文する人が多かったですが・・・(^^;)

    近辺にガレットのお店がありますので、よかったらそちらもどうぞ。
    http://rossard.jp/
    2020年07月06日 09:39