【レトロ感が凄い】矢野口の昭和感満載パン屋に惹かれて突撃してみたらよく分からない魅力に取りつかれたでござる

弁天通り再び!
ちょっと前に初めて通った矢野口の弁天通り、早速再訪しちゃいました。
というか、最初行った時にここは絶対に行こうと心に決めた店がありまして・・・。

舞台は矢野口駅から徒歩5,6分程度、弁天通りの中ほどよりちょい先にあるこちら。
IMG_1427.JPG

お店の名前は「トロントベーカリー」さんです。
何この昭和感!
麻瀬憧庵で食べ終えた後、ふら~っと他の店が無いか下調べしていたら発見したこのパン屋
店舗の外観にパンの棚、最終的には入り口に書いてある店名のフォントまで昭和すぎてたまらんち!
こないな店を見つけて行かない人はいないでしょう!
後日早速突撃し、トングで「ドリフ大爆笑のテーマ」を刻みながら物色してみると・・・
IMG_1428.JPG
IMG_1429.JPG
IMG_1430.JPG

店内も・・・いい!
パンも惣菜から菓子パン、はたまたオリジナルのキャラものまで幅広く揃っています。
それぞれトレーの上に並べているっていうのがまた風情ですな。

惣菜物はそこそこあるのと、何故かしら「コロッケ」というワードが何故かしら頭に刷り込まれてるんですよ。
コロッケパンもありますけど、別に種類が多いとかそういう訳でも無いのに・・・何故かしら引き寄せられるんですよ(今でも原因不明)
そんな半分洗脳感のある中、購入したのがこちら。
「キーマカレー入りゴロットコロッケ」・・・\140
「ピザパン」・・・\160
コロッケいっちゃった。
しかも何だか名前も可愛いし、コロッケだし。
もはやこれがすんごい魅力的に見えてしまいました。
そしてコロッケのお供はピザパンというハイカロコンボ。
さ、これらをさっさと持ち帰ってのご開帳です。
IMG_1447.JPG

コロッケパンの威圧感よ!
ピザパンも決して小さい訳ではないですけど、コロッケパンのサイズが明らかに2周り違います。
というか、明らかにずしっと来る重さでしたし。

さてさて、これらのお味はどないなもんでしょうか。
まずは・・・いきなり本命のコロッケパンから頂きます!
IMG_1448.JPG
IMG_1449.JPG

・・・これヤ●ザキの新商品やろ?
完全にまるごとコロッケの大ボリュームで食べ応えがヤヴァイです。
キーマカレーはそこまで主張せず、あくまでコロッケのサポートに徹する具合のほんのり風味。
コロッケが本当に手のひらレベルまであるんじゃないかというサイズと、それを包むモッチリ気味のパン。
食べ応えのレベルが半端ねェ!

続いてピザパンはというと・・・
IMG_1450.JPG
IMG_1451.JPG

こっちはいいオーソドックス。
ピザパンはシンプルにチーズ・トマト・オニオン・ベーコンの王道組み合わせ。
ちょいしっとりとしたパンとも良い具合にマッチしていますね。

これは大多数の人が好きなタイプのパンですわ。

うん、何故コロッケが気になったのかが分かった気がします。
腹もしっかり膨れて300円とかコスパも圧倒的にいいです。
そこのあなたも、是非ここのコロッケに洗脳されてみては?

この記事へのコメント

  • トホバク

    トロントキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
    おじいちゃんが頑張ってるお店です。

    惣菜系ではなかったですが、トライアングルパンだったか三角パンだったか銀紙に包まれたパンが美味でした。
    2020年07月06日 09:24