【ヘビー級】国立のパン屋がとんでもなくずっしりくる理由

ヘビー級のパン!
こんなん聞くと、どういうのを想像しますか?
とんでもなくデカいパン?すごい具材が乗ったパン?いやいや今回は・・・

舞台は国立駅から徒歩10分程度の場所にあるこちら。
IMG_2743.JPG

お店の名前は「タルムリエ」さんです。
って、こんなんパン屋って普通分からんわ!!
立川国分寺線を通っている時、たまたま見つけたんですよね。
ぶっちゃけて、自分でも何で見つけられたのか分からない位、とんでもなくパン屋と分かり辛い店構え。
完全に隠しダンジョンなパン屋さん・・・何これ面白そうじゃない。
早速突撃し、トングで「ライラ・ライラ・ライ」を刻みながら見回してみると・・・
IMG_2744.JPG
IMG_2745.JPG
IMG_2746.JPG

・・・あ、あんまり選択肢無いやつだ。
ぶっちゃけて総菜パンとか菓子パンとかはほぼほぼ存在せず、食パンやバゲット等の大きいパンばかり。
しかもレーズンとかベリーを使ったパンが大半で、おじさんの食べられないものばかりです。

もうこの時点で色々厳しいぞこれ・・・。
ほぼほぼ選択肢が無い中で、購入したのがこちら。
「カンパーニュ(1/2)」・・・\200
「ライ麦パン(1/2)」・・・\220
もうね、滅多に買わないんですよこの内容。
プライベートではパン食派というよりご飯食派のおじさんは、こういうパンは中々家に置かないんですよ。
しかしまあ、選択肢が無かったので、暫くはパン生活かなと。
後でどう食べるか考えながら、帰宅してのご開帳です。
IMG_2749.JPG

ん~・・・絵面がシンプルぅ!
ぶっちゃけて、ちょっとでも絵を映えさせようと白黒で買ったのですが・・・やはりシンプル。
こりゃあ今回の記事を起こすのはかなり苦戦しそうな予感。
まあとりあえず・・・先にカンパーニュの方から頂きます!
IMG_2752.JPG
IMG_2753.JPG

すんげー・・・ギッチギチやねん!
思い切ってがぶりといってみたら、外はガッチリハードで下手したらフランスパンより固いんじゃないかというレベル。
そんでもって中は・・・パンの密度が今迄食べてきたパンの比じゃないレベルでギッチギチに詰まってます。
味わいはシンプルな白パンなんですが、かなり顎を使うのもあって一口の食べた感じがすっごい重たいの。

こりゃあハーフサイズだけで3日間は持つ気がします。
続いてライ麦パンはというと・・・
IMG_2750.JPG
IMG_2751.JPG

カンパーニュよりも色々な意味でヘビーじゃないか!
まずもうね、物理的に重いんですよこれ。
カンパーニュより体積が小さいはずなのに、その倍はあるんじゃないかというレベルのずっしり感。
そんっでもって一口食べてみると・・・こっちも密度がえげつない・・・というかカンパーニュ以上。
更に噛み続けていると、徐々に独特の酸味が口の中に広がります。

パンに酸味って・・・こりゃ初体験です。(個人的にはちょい苦手ですが)
ぶっちゃけて、先ほどのカンパーニュの1口と合わせてそこそこ食べた感じになります。

まさかどちらもストロングヘビー級だとは思いませんでした。
現に、このパン2つで本当に5日間持ちましたからね。
がっつりしたパンを食べたい際、選択肢の1つとして大いにアリですね。

この記事へのコメント