【質量攻撃】北府中のパン屋でがっつりチーズを食べたい人向けのパンがあった件

チーズを固まりレベルで食いたい!
・・・と書いてありますが、正直おじさんはそこまでチーズ大好きって訳でも無いんですけどね。
とはいえ、今回はがっつりチーズを食べたい人へのパンを発見したので記事にしちゃいます。

舞台は北府中駅から徒歩14,5分程度の、国分寺通り沿いで京王ストアの向かい側にあるこちら。
IMG_3072.JPG

お店の名前は「パリジャン」さんです。
何ともおじさんの心をくすぐる昭和雰囲気のパン屋さんですね。
北側へ遠征した際の帰りに発見したお店です。
かなりこの通りは使っていたはずなのに、今まで気が付きませんでした。
これは晩御飯の調達としても丁度いいかと思い、早速突撃を敢行しましょう。
恒例のトングでビート、今回は「嵐の中で輝いて」を刻みながら物色すると・・・
IMG_3073.JPG
IMG_3074.JPG
IMG_3075.JPG

おっと、これは選択肢が少ない系だ。
そこまで多くの種類無いものの、要所要所は抑えてますね・・・甘味系は。
総菜系はそこまで多くないので・・・この時点でほぼ絞れましたね。

とはいえ、1つはすぐに決まりましたがもう1つは地味に難航。
あまりネタ系もないし・・・とはいえなんじゃこりゃというのもぶち込みたい。
そういう芸人魂を見せようと思い、購入したのがこちら。
「ピロシキ」・・・\151
「枝豆&トリプルチーズ」・・・\237
どっちもヘビー級にしてみたぜよ!
昭和パン屋にしてはハイカラ寄りですが、どちらも完全にヘビー級の風格。
これはある意味、翌日胃もたれしないかちょっと心配かも。
そんなちっちゃな事を考えつつも、帰宅しての晩御飯に御開帳。
IMG_3079.JPG

改めてみるとすごい絵面だなこれ。
トリプルチーズは明らかにサイズでかいのが分かります。
そしてピロシキ、これは少し時間が経っているのに形が萎まずに整ってます。

この揚げとチーズのダブルパンチ、果たしてどないな感じになるんでしょうか。
まずは・・・おじさんの好物でもあるピロシキから頂きます!
IMG_3080.JPG
IMG_3082.JPG

お、悪くないじゃないこれ。
少し時間が経ってもパンはサクサク感が残っていて、結構ふんわりしています。
それに中の肉もかなりぎっしり詰まっています。
味のベースはウスターソース系だとは思うのですが、割かし濃厚なのもポイント。

他の具材はそんなに入っていませんが、春雨の量がかなり多めで若干ヘルシーかも。
続いて枝豆チーズはというと・・・
IMG_3083.JPG
IMG_3084.JPG

何じゃこのチーズの暴力!
割とみっちりした食感のパンの中央が完全にチーズの塊に占拠されています。
正直、トリプルと書かれていてどのチーズが使われているのかというのは分かりませんが、複数のチーズというのだけは感じます。
そのたっぷりチーズの濃厚さを枝豆がいい緩衝材になっていいバランスになってます。
それに、枝豆自体がちょい固めっていうのもまた食感のアクセントになってグー。

これはチーズ好きな人にはたまらないパンだろうな。

何だか、想定外なものに出会えましたね。
ピロシキも個人的には良かったのですが、チーズにインパクトの全てをかっ攫われましたね。
チーズをがっつり食べたい人は1度試してみてもいいかと。

この記事へのコメント